いずしとは

いずしとは、米麹、魚、野菜を樽の中に入れて漬け込み、 乳酸発
酵させたものです。 にぎり寿司とは違い、なれずしの一種です。
いずしは「飯寿司」や「飯鮨」と書きますが、これをそのまま読むと
「いいずし」となります。 この「いいずし」 がなまり、 「いずし」と呼ば
れるようになったとされています。

冬場、雪に閉ざされる北海道や東北地方の港町ならではの食べ
物で、冬の保存食として年末やお正月には欠かせない郷土料理
として食べられてきました。
魚をどのように美味しく保存できるのか考えられ開発されたのが
「飯寿し」です。
海から吹きつける寒風で急激に気温が下がるときに、低温でじっ
くりと熟成させます。

とてもヘルシーで、オホーツク海で捕れた旬の魚と野菜を、じっく り漬け込み熟成されたいずしは、まろやかな酸味で、熟成した魚と野菜の旨味、米の甘味、乳酸の酸味が絶妙に調和した奥深い味わいがあります。
酒のおつまみや食卓の一品として最適です。

いまや数ある北海道のグルメがある中、この北海道紋別の郷土料理である「飯寿し」を知らない方は多いかと思います。 古くからの製法を守り続け作られてきた伝統のいずしを是非ご賞味ください。

いずしの老舗メーカー 竹本水産

いずしの老舗メーカーである竹本水産では、味に妥協を許さず、代々受け継がれる職人の熟練の技により、いずしを製造しております。

伝統の味であるホッケ、紅さけ、さけ、カレイ、ニシン、ハタハタ、キンキと、新製品のホタテ(白玉、赤玉)の9種類ご用意しております。
種類にもよりますが、魚と米麹と一緒に、人参、キュウリ、生姜、唐辛子が一緒に漬け込まれています。

近年開発された「ホタテのいずし」は、商品化と同時に新聞などで取り上げられ、即完売となるほど話題となり、早くも今までの伝統のいずしに並ぶ人気商品となりました。
※ホタテのいずしは数に限りがございます。在庫など詳しくはお問い合わせください。

試行錯誤の末に開発されたホタテのいずし。ご注文はお早めに。
希少価値の高い赤玉のホタテのいずし。縁起物として紅白で買うお客様も
昔ながらの定番のいずしは職人の熟練の技により製造
コンテンツボトム